PROFILE

TOSHIYUKI KITA

喜多俊之

1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで、多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館、パリのポンピドーセンターなど世界のミュージアムにコレクションされている。シンガポール、タイ、中国など、デザイン活性化の政府顧問をつとめた。また、日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化、およびクリエイティブ・プロデユーサーとして多方面で活躍する。国際見本市「Living & Design」ディレクター。暮らしのリノベーション「RENOVETTA プロジェクト」を提唱。近年は、日本だけでなく、ヨーロッパ、アジアなどで、セミナーやワークショップを開く等、教育活動にも力を入れている。大阪芸術大学教授。1990年、スペイン「デルタ・デ・オロ賞(金賞)」受賞。2011年、イタリア「ADI黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。2016年に、イタリア「第24回ADI黄金コンパス賞」の国際審査員を務める。2017年にイタリア共和国より「イタリア共和国功労勲章コンメンダントーレ」を叙勲。著書:「デザインの力」、「地場産業+デザイン」、「デザインの探険」などがある。

1969 イタリア・ミラノにて制作活動の場を広げる。
1981 ニューヨーク近代美術館のパーマネント・コレクションにWINKチェアーが選定される。
1984 ニューヨーク近代美術館のパーマネント・コレクションにKICKテーブルが選定される。
1987 ドイツ・ハンブルグ美術工芸博物館のパーマネント・コレクションにWINKチェアーとKICKテーブルが選定される。
パリ・ポンピドーセンター10周年記念展招待作家として 未来空間を提案。
1988 バルセロナ及びウィーンにおいて個展。
1992 セビリア万国博覧会日本館回転劇場のインテリア及び椅子のデザインを行う。
スペインにおいて、DELTA AID FADの審査委員を務める。
フィンランド・ヘルシンキにおいて個展。
1997 ニューヨーク近代美術館及びパリ・ポンピドーセンターのパーマネント・コレクションにMULTI LINGUAL CHAIR が選定される。
1998 フランスのサンティ・エティエンヌ近代美術館のパーマネントコレクションに作品13点が選定される。
1999 フィンランド・ヘルシンキにて個展を行う。
2001 ドイツ・ハンブルグ美術工芸博物館にて展覧会。
パリ・ポンピドーセンターのパーマネントコレクションに液晶テレビ、WINKチェアーが選定される。
2002 パリにて個展。
中国国際家具見本市にて展覧会及び基調講演。
2003 フランクフルト、バルセロナ、ベローナにて個展。
2004 中国インターナショナルインダストリアルデザインサミットにて講演。
日本グッドデザイン賞審査委員長を務める。
2005 アムステルダムにて個展 “ANIMA”
2006 ミラノにて “Good Design Award 50 years” を総合プロデュース。
2007 ミラノサローネにて個展 “IL FUTURO DELLA TRADIZIONE”
2008 ミラノサローネにて個展 “Natura e Tecnologia”
2009 ミラノサローネにて個展 “KITA. FUTURE DELIGHT”
中国・上海にて個展 “Timeless Future”
シンガポールにて “Japan Creative Centre”を総合プロデュース。
大阪にて国際見本市 “Living&Design すまいのリノベーションTotal Interior”を総合プロデュース。
2010 ミラノサローネにて個展 “Timeless Future”
中国(順徳)国際工業デザインアイデア博覧会にて招待出展。
中国 広東工業設計活動週 広東工業デザイン展にて招待出展。
大阪にて国際見本市 “Living&Design すまいのリノベーションTotal Interior”を総合プロデュース。
2011 ミラノサローネにて株式会社LIXIL “FURO”バスタブ、シャワーブースのコンセプトモデルのデザイン、監修。
大阪にて国際見本市 “Living&Design すまいのリノベーションTotal Interior”を総合プロデュース。
東京・新宿リビングデザインセンターOZONE にて個展”Timeless Future”
2012 40年にわたる伝統工芸とのコラボレーションを収録したDVD「魂を込めたものづくり」が、ドイツ・ハンブルグにおいて、
“World Media Festival 2012 Public Relations/Culture”部門 金賞受賞。
LIVING&DESIGN 2012において「集合住宅・リノベッタ」を発表。
著書「デザインの探険」発表。
2013 ヘルシンキ インターナショナルエコデザインエキシビジョン2013年度キュレーター及び審査員長として招かれる。
2014 6月に1ヶ月間イタリア・ピエ モンテ州のバロッロ城にて、プレ万博2015イベントの個展を開催。
2015 10月 ALBAのサン・ドメニコ寺院にて、個展“IL LUSSO DELLA NATURA”が出展招待される。
2016 イタリア「第24回ADI黄金コンパス賞」の国際審査員を務める。

AWARDS

1975 JID賞 受賞
1983 アメリカ・インダストリアルデザイン誌より、RESIDENTIAL FURNISHING 最優秀賞 受賞
1990 スペインにおいて、「デルタ・デ・オロ賞(金賞)」を受賞
2011 イタリアにおいて、「ADI コンパッソ・ドーロ賞(国際功労賞)」を受賞

BOOKS

プリント
book062

喜多俊之デザインの探険1969- 僕がイタリアに行った理由

株式会社学芸出版社 定価(本体1800円+税) イタリアデザイン界に身を置き、その隆盛を自ら体験してきた著者が、豊かな暮らしとは、デザインの役割とは何かを綴った。戦後日本の住環境に思いを馳せ続けてきた著者のエッセイ。

book05

地場産業+デザイン

株式会社学芸出版社 定価(本体1800円+税) 地場産業 世界へ離陸! 職人と臨んだ40 年にわたるコラボレーション。

book04

デザインの力―「ハイテク&ハイセンス」が企業ブランドを築く

    ヒット商品を創る「デザインの力」 – ハイテク&ハイセンスが企業ブランドを築く 日本経済新聞社 定価(本体1700円+税) 世界で勝ち抜くための「新資源」としてのデザイン。 … Read more

book03

Toshiyuki Kita―The Soul of Design

 伝統とデザイン

book02
book01

喜多俊之のデザイン

 喜多俊之の仕事  [1990年発行]

DVD

dvd01

魂を込めたものづくり

    有限会社 スティレライフ 40年にわたる伝統工芸とのコラボレーションを 喜多のコメントをそえて紹介します。 WorldMediaFestival 2012 Public Relations/C … Read more

PageTop