2019年9月6日 UPDATE

9月21日より大阪芸術大学あべのハルカススカイキャンパス24F「未来につながる 伝統工芸とデザイン」展、及びトークセミナーが開催されます

Print 未来につながる伝統工芸とデザイン展_

本展では、デザイン学科教授、喜多俊之が40年以上に渡り、伝統工芸の産地の職人とコラボレーションして、内外に発表されてきた作品をはじめ、工芸学科長の山野宏氏の作品、教授の田嶋悦子氏、小野山和代氏の作品、准教授の長谷川政弘氏の作品も展示されます。

■スペシャルトークセミナー 喜多俊之と山野宏氏が語る「未来につながる伝統工芸とデザイン」
9月26日に同会場で、喜多俊之と山野宏氏によるトークセミナー「未来につながる 伝統工芸とデザイン」が企画されてます。

<日時> 9月26日(木)16:00~17:00
<会場> 大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24F)
<定員> 100名
<参加費> 無料
<詳細>http://osaka-ca-fes.jp/event/e0921-feature/

【申し込みはこちらから(※事前申込制)】
https://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/kh/crafts_and_design/

 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0Share on Tumblr0
PageTop