年別アーカイブ: 2019年

アイコン_修正1121

マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画

0910受領_maruhi_B1poster_190910(tentative)

日本デザインコミッティーの現メンバーたちが、創造の過程で

生み出してきたスケッチ、図面、模型の数々を紹介する展覧会。

<会期> 2019年11月22日(金)- 2020年3月8日(日)

<会場> 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2(東京都港区赤坂9-7-6)

<開館時間>10:00 – 19:00(入場は18:30まで)

<休館>火曜日(12月24日、2月11日は開館)、年末年始(12月26日 – 1月3日)

<入館料> 一般1,200 円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

<詳細> http://www.2121designsight.jp/

<主催>21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団

Pewter_07

9月21日より大阪芸術大学あべのハルカススカイキャンパス24F「未来につながる 伝統工芸とデザイン」展、及びトークセミナーが開催されます

Print 未来につながる伝統工芸とデザイン展_

本展では、デザイン学科教授、喜多俊之が40年以上に渡り、伝統工芸の産地の職人とコラボレーションして、内外に発表されてきた作品をはじめ、工芸学科長の山野宏氏の作品、教授の田嶋悦子氏、小野山和代氏の作品、准教授の長谷川政弘氏の作品も展示されます。

■スペシャルトークセミナー 喜多俊之と山野宏氏が語る「未来につながる伝統工芸とデザイン」
9月26日に同会場で、喜多俊之と山野宏氏によるトークセミナー「未来につながる 伝統工芸とデザイン」が企画されてます。

<日時> 9月26日(木)16:00~17:00
<会場> 大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24F)
<定員> 100名
<参加費> 無料
<詳細>http://osaka-ca-fes.jp/event/e0921-feature/

【申し込みはこちらから(※事前申込制)】
https://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/kh/crafts_and_design/

 

02

「NEW TENDENCY 未来への潮流」喜多俊之展

NEW TENDENCY_ポスター

NEW TENDENCY_チラシ裏

「NEW TENDENCY 未来への潮流」喜多俊之展&トークイベントが開催されます。

【会場】
大阪芸術大学30号館アートサイエンス学科棟

【期間】
2019年5月24日(金)~6月29日(土)10:00-17:00
※休館日6月2日・9日・21日・23日

【入場料】
無料

【イベント】
喜多俊之氏によるNEW TENDENCYコンセプトトーク
日時:5月24日(金)13:30~14:30
会場:大阪芸術大学 30号館(アートサイエンス学科棟)
参加無料 定員100名(当日先着)

【大阪芸術大学 展覧会情報】
http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/whatsnew/art_exhibition/index.html#anchor_scroll_133

画像_NUPRI_190315

Milano Salone 2019 「NUPRI」

INVITO_nuovo0503_definitivo

 

ミラノデザインウィーク〈フォーリサローネ〉において、カンディハウスが喜多俊之による新シリーズ「NUPRI(ヌプリ)」を発表・展示。日本のオリジナリティを伝えます。

<デザイナーメッセージ>
今年で、私のデザイナー活動は50年となります。この「NUPRI」は、自国のポテンシャルにかける日本の意気込みを感じながらデザインしました。これまで日本の各地に根ざした伝統工芸にも関わってきました。日本で生まれる「世界オリジナル」として、新たに発信できればと考えました。

<出展概要>
会期:
4月9日[火] – 14日[日] 10:00〜20:00
※8日[月] 10:00〜20:00 プレスプレビュー(プレス関係者向け)
会場:
Galleria Rubin(via Santa Marta 10)
街中ドゥオーモ(大聖堂)近く5vie地区のサンタマルタ通り
主催・出展者:
株式会社カンディハウス(https://www.condehouse.co.jp/
展示ブース面積:
52㎡
展示点数:
9点
展示品:
イージーチェアー / リクライニングチェアー / オットマン / ダイニングアームチェアー / サイドテーブル